ポリッシャー職務はまだまだ続きそうです

この間、サイフの時はキレイにしておいたほうが良いと聞いて、そういえば、しばらくサイフの整理していなかったなと、サイフの保守を通じてみました。サイフの条件が金幸に直結して掛かるよ、お金持ちのヒューマンはサイフの時がキレイなんだとよく言いますよね。それを思い起こしながら、できるだけスッキリを目指しました。受け取りは日頃から溜めないようにしています。これも受け取りは溜めては困難と聞いてから、そうしていらっしゃる。サイフが何だかパンパンになっていらっしゃるなと思っていたのですが、小銭が溜まっていたのもあったのですが、カードがいつの間にか増えていました。何故?と思いましたが、カギカードって知らない間に増えてしまうね。カードかじ取り、いつも難しく感じています。サイフをスッキリさせて使いやすくなりました。
先日職務でポリッシャー進め方を通していらっしゃる。つまり、ポリッシャーという器機による階層保守だ。ご存知の方もいると思いますが、長い上の先にUFOフォームのブラシがついていて、グルグルとまわりながら階層のワックスと汚れを落として行くという物質だ。見た目には上を持ってブラシをコントロールしながらジッと磨いて要るだけです。プロセス自体は慣れればイージー、誰でも出来るようになります。しかし体の人間はと言うと、見た目楽そうに思えるのですがこれが大罪。

タームとともに体がこわばってきて、最終的には首筋・肩・背中が一枚の板のようにガクガクになります。また、揺れをこらえておる結果なのか分かりませんが、時々軽いめまいがする事もあります。かなり慣れましたけど。シースリーの体験談と口コミについて